地震対策サイト Twitter(ツィッター)アカウントを取得して安否確認、連絡手段を確保しておこう! 



Twitter(ツィッター)は安否確認、情報入手、救出依頼の発信等で使える!

Twitter(ツィッター)は無料で簡単に自分のアカウントを作成できるミニブログサービスです。世界中で多くの利用ユーザーが存在し、日本人も個人や企業、各経公共団体、自治体がアカウントを持ち、積極的に情報公開、情報を入手しています。Twitter(ツィッター)の特徴は情報収集と個人の情報発信がリアルタイムで相手に伝わりやすいことです。リアルタイムに情報を発信でき、互いに自分の顔や名前等を紹介しておけば安心して多く人々とコミュニケーションがとれます。緊急時や災害時、自分の安否確認を知らせる手段にもなりますし、家族や仲間、会社で約束事をしておけば安否確認、情報の配信手段にもなります。iphone などのスマートフォンであれば手軽に簡単にTwitterが活用出来ます。



Twitter(ツィッター)は非常に簡易なミニブログですので、情報の送受信も軽い情報量ですので、ダウンしている、使えないというリスクが少ないです。自分の無事をしらせるだけでなく、自分の現在時や救出して欲しい場面等でTwitter(ツィッター)を利用して救出依頼やヘルプ信号を発信できます。スマートフォンや携帯電話でのTwitterの活用は今後必須の緊急連絡体制になるでしょう。インターネットが可能な方は通話やメール以外にも世界中で多くの利用がいて、自分の友人や知人もいるTwitter(ツィッター)アカウントを取得して、使い方を覚えておくと「イザッ」というときも連絡手段の一つとなりますよ!


スポンサードリンク

いざ!というときにTwitter(ツィッター)が便利なiPhone(アイフォーン)


iPhone(アイフォーン)



スマートフォンといえばやはりアップルの「iPhone(アイフォーン)」が人気、シェアともにダントツです。ソフトバンクからのみの販売ですので、地方都市で通話エリアが狭いという心配はありますが、それでも機能面やデザイン面、使い勝手、月額料金でスマートフォンの一人勝ち状態です。

「iPhone(アイフォーン)」以外ではGoogleが開発したOS・Android(アンドロイド)を利用したアンドロイド携帯が主流です。NTTドコモ、au、イーモバイルのスマートフォン、ソフトバンクの「iPhone(アイフォーン)」を除くスマートフォンはほとんどがAndroid(アンドロイド)を活用したスマートフォンとなります。エリアを重視するか、デザインや使い勝手を利用するか・・・検討する必要がありますが、スマートフォンはインターネットをモバイル端末で活用するには最適のツールです。

スマートフォンは緊急時にも情報収集ツール、自分の情報や安否を発信するツールとして普通の携帯電話よりも発信手段が多くなります。

>> iPhone 特別プログラムがネットで契約可能です。