地震対策サイト スマートフォンは携帯電話より役に立つ!ネット接続できるスマートフォン! 



スマートフォンは携帯電話よりも緊急時、災害時に役に立つ!

スマートフォンとは従来の携帯電話の機能に加えて、WiFi経由でモバイル環境でインターネットできるPC+携帯といったイメージのモバイル端末です。最近ではアップルの「 iPhone(アイフォーン) 」やグーグルOSのアンドロイド携帯といった端末が人気です。



スマートフォンの特徴は普通のインターネットが利用でき、且つ携帯通話以外の連絡手段が多いことが特徴です。

災害時は携帯電話での安否確認の通話回線やメール回線がパンクしがちです。しかしスマートフォンは携帯電話以外にも通常のインターネット回線にアクセスできるので、回線が込まない場合が多いんですね。スマートフォンならば、twitter(ツィッター)にログインしてすぐに安否確認のツィートや知り合いに連絡ができますし、不特定多数の人に救出や安否確認などを送信できます。もちろん通常のメールも送信できます。スマートフォンの活用はGPSやネット接続を含めて更に大きくなることが見込まれています!


スマートフォンであれば、通常の携帯よりも高機能であるがゆえに、緊急時や避難時の連絡体制の可能性や手段が大きく広がります!


スポンサードリンク

人気のスマートフォン


iPhone(アイフォーン)



スマートフォンといえばやはりアップルの「iPhone(アイフォーン)」が人気、シェアともにダントツです。ソフトバンクからのみの販売ですので、地方都市で通話エリアが狭いという心配はありますが、それでも機能面やデザイン面、使い勝手、月額料金でスマートフォンの一人勝ち状態です。

「iPhone(アイフォーン)」以外ではGoogleが開発したOS・Android(アンドロイド)を利用したアンドロイド携帯が主流です。NTTドコモ、au、イーモバイルのスマートフォン、ソフトバンクの「iPhone(アイフォーン)」を除くスマートフォンはほとんどがAndroid(アンドロイド)を活用したスマートフォンとなります。エリアを重視するか、デザインや使い勝手を利用するか・・・検討する必要がありますが、スマートフォンはインターネットをモバイル端末で活用するには最適のツールです。

スマートフォンは緊急時にも情報収集ツール、自分の情報や安否を発信するツールとして普通の携帯電話よりも発信手段が多くなります。

>> iPhone 特別プログラムがネットで契約可能です。