地震対策サイト ケイタイ電話が役に立つ 



ケイタイ電話が役に立つ

地震や災害時はケイタイ電話が大変重要な役割を発揮します。

避難時や緊急時は必ず持って行きましょう。また、常に有事に利用できることを認識し、フル充電を心がけておきましょう。

ケイタイ電話は連絡手段だけでなく、ネットを利用した情報収集や安否連絡・確認、また暗がりではライトの役割にもなります。閉じ込められたり、道に迷った際は位置把握の手がかりにもなります。

最近では、TVを受信できたり、ラジオを聞けるケイタイ電話もあります。これらは緊急時の正しい情報の獲得にもなりますので、お奨めしておきます。

スポンサードリンク

有事の際の携帯電話利用について

震災直後は、ケイタイ電話各社では緊急対策として一般の回線を制限し、災害地の利用を優先する仕組みになっているようです。

ですので、震災直後に家族などへの連絡をする場合はあわてず、しばらく待ってから利用するようにしましょう。

また、災害地向けに安否確認の電話をかけることも控えましょう。緊急の連絡回線の利用を妨げる可能性もあります。

また、ライトがないからといってロウソクを利用するのはなるべく避けましょう。地震の際、揺れにより倒れて火事などの2次災害につながる可能性もあります。

緊急連絡はなるべく控え、ネット上の 「災害用伝言板サービス」 を利用し、しばらくしてから電話連絡しましょう。

ケイタイ電話は、連絡ができたり、音が出たり光ったりするので、一人で避難していたり、暗闇にいたりした場合にとても心強い外界との接点ツールとなり心強い存在です。

できれば充電切れの事態も想定し、ケイタイ電話の充電を手動などで可能とする手動充電グッズも用意しておくことを強くお奨めしておきます。

手動充電対応で、ラジオ・ライト・ケイタイ充電が一体になった災害グッズもありますので手元に一個、避難グッズにも一個という形での所持であれば有事の際も安心です。

防水タイプのラジオとライト・ケイタイ充電が一体型になっており、且つ、自分で発電するタイプ(太陽光・手回し式など)がもっとも便利かつかさばりません。

簡易手動充電が可能なライト・ラジオ・ケイタイ充電機能一体型


緊急災害用の避難グッズ



緊急避難セット・防災セット一覧

★ 災害後1〜2日は公的援助が受けられない場合を仮定し、一家に一つは必ず避難グッズを備えましょう。

★地震や災害時に備えた緊急避難必須グッズの食料・飲料水などがセットになった緊急避難セットです。

★地震・台風などの災害に備えて、取り出しやすい場所に保管しておきましょう。

★安心救命食、エコアクア2L・飲料水、救急セット、防滴トーチダイナモラジオレス救灯ミニ、コップローソク、緊急防寒ブランケット、すべり止め付軍手、透明ゴミ袋45L、布粘着テープ、マスク、プラスチックホイッスル、非常用給水袋、綿タオル、非常持出袋などがセットになっているものがオススメです。

★お子様が小さい場合はオシメ、ミルクの粉、哺乳瓶、毛布、おんぶ紐なども一緒に。
★免許書、保険証、印鑑証明、通帳、各種パスワード表などのコピーも入れておくと安心です。



非常用・手回し充電多機能ライト (電池不要の携帯充電、ラジオ、LEDライト機能)

★ 「電池・充電不要」の「手回し簡易自家発電」でラジオ&高輝度LED照明ランプ&非常用サイレン&FOMA対応ケイタイ電話充電 が可能です!

★地震や災害時の避難時には正しい情報を仕入れるラジオ・闇夜を照らし停電にも耐えられる高輝度ライトを備えておきましょう。

★乾電池や日常の充電の手間をとらせず、緊急時、手回しで発電するだけでラジオ・ライト・非常用サイレン・ケイタイ電話の充電が可能となります。

★ハンドルを120回転/分で3分間充電した場合(※各機能の単独目安)
●LEDライト:約10分
●ランタン:約2〜3分
●ラジオ:約20分(音量は半分で)
●サイレン:約25分
●携帯電話/連続通話時間:約60〜90秒、待ち受け時間:約20〜30分
※ケイタイの場合、一部機種や新製品などで充電できない場合がありますのでご購入の際はご確認ください。

発電ハンドルは不要時は折りたたみ。持ち運び用取っ手は簡単にポップアップします。
ハンドルを回せば回すほど内蔵のニッケル水素電池に充電され、長時間の利用が可能です。

【手まわし充電たまご】商品詳細規格はこちら