地震対策サイト 防災・2次被害防止グッズ 



防災・2次被害防止グッズ

地震の際、本震・余震による揺れ事態の被害も恐ろしいですが、家具や棚が倒れてきて下敷きになる、利用していたガスなどが原因で火事を引き起こす・・などの2被害もおこっています。

これらの2次被害は日頃からの対策で予防できるものが多くあります。一度しっかりとご自宅や職場の対策や処置を見直しておきましょう。

家庭や職場では、なるべく重い物は低いところへ倒れにくくする工夫をし、重いもの、倒れる危険性のあるものはなるべく重心を下げ、低い位置におくようにしましょう。 また、火気の近くには「消火器」を置いておくように心がけましょう。

スポンサードリンク

2次被害では落下、滑り落ち、火災が多い

屋内の2次被害で一番多いのは落下や滑り落ちなどです。

それらは粘着性の落下・滑り防止グッズ、ゴムのシートを下にを敷くなどの工夫をしてください。

高い位置にあるテレビなどは非常に危険です。滑ったり落ちたりしないように滑り防止マットやゲル状のマットを敷きましょう。倒れる危険のあるタンスや家具、家電機器はトメ金などで固定しておきましょう。

自宅の壁や塀などは耐震・免震構造になっていますか

屋内の2次被害で一番多いのは落下や滑り落ちなどです。

自宅の壁や塀などが崩れて、その下敷きになったり緊急時の道路をお塞ぐなどの2次被害も非常に多いです。建物は対策していても塀や壁などは揺れに弱いつくりになっているところも多いようです。一度確認をしてみてください。

自宅を建築する際や、家を借りるときは「耐震構造は?免震構造対策は?」などとひとこと確認するたけでいいのです。しっかりとした回答をもらうようにし、できれば口約束ではなく書面または日記などに記載し証拠としておくと安心です。

火気のそばには消火器・消化バケツを

火気のそばには消火器・消化バケツも用意しておきましょう。

ガスを利用中に地震が発生した場合は、ガスを切るまたは元栓を早めに締めてください。それらが不可能で火が広がった場合は消火器で消火してください。

暖房やストーブは「地震時に自動消火」するタイプのものを必ず利用してください。

地震後の火事というのは非常に恐ろしいとされています。すぐに燃え広がり被害を甚大にする可能性がありますので、日頃から火気を触る場合は注意しておきましょう。震災、災害の2次被害での火事は非常に大きい被害をもたらします。阪神大震災の被害にあわれた方も早朝時震災の火事による影響が多いようでした。