地震対策サイト 津波・がけ崩れに注意 



津波・がけ崩れに注意

地震発生の際は2次災害として津波・がけ崩れ・道路陥没に注意してください。

地震後はラジオなどでしっかり情報を仕入れて、最寄の避難場所に避難の準備をはじめてください。

スポンサードリンク

海が近い、山やガケなどが近い場合は非常に危険です。

震災時の居場所が海が近い、山やガケなどが近い場合は非常に危険です。

海岸にいるときに大きな地震があった場合は、津波が襲ってくることを考えて、できるだけ遠くの高い所にすぐに逃げます。

津波は1回しか来ないとは限りません。2回3回と来ることもあります。さらに、1回目が一番大きいいとも限りません。しばらく様子をみてください。防災無線や広報車などの指示がある場合はその指示に従ってください。

普通の波は海面(表面)だけの揺れですが、津波は、海底からの上下の揺れでおこるため、海底から海面までのすべての海水が揺れてり、そのエネルギーはたいへん大きなものです。 せまってくるスピードも時速30〜800kmと、相当早いスピードと心得てください。

山やガケが近い場合はガケ崩れ、土石流、陥没などの恐れがあります。絶対に近寄らないようにしましょう。また、指定されている避難場所に避難するよう心がけましょう。

津波に対する心構え

・海岸から『より遠く』ではなく『より高いところ』へ避難してください。船などに乗っている場合は港外退避しましょう。港外退避できない小型船は、高い所に引き上げて固縛するなど最善の措置をとりましょう。

・強い地震(震度4程度以上)を感じたとき又は弱い地震であっても長い時間ゆっくりとした揺れを感じたときは、直ちに海浜から離れ、急いで安全な場所に避難しょましょう。

・地震を感じなくても、津波警報が発表されたときは、直ちに海浜から離れ、急いで安全な場所に避難しましょう。津波注意報でも、海水浴や磯釣りは危険なので行ってはいけません。

・津波は繰り返し襲ってくるので、警報、注意報解除まで気をゆるめてはいけません。正しい情報をラジオ、テレビ、広報車などを通じて入手しましょう。

山やガケが近い場合はガケ崩れ、土石流、陥没などの恐れがあります。絶対に近寄らないようにしましょう。また、指定されている避難場所に避難するよう心がけましょう。

地すべり・がけ崩れに対する心構え

・山ぎわや急傾斜地では、山崩れ、がけ崩れが起こりやすいので注意しましょう。居住区の自然環境をよく知っておくことが大切です。

・がけ崩れは、斜面がとつぜん崩れ落ちる災害です。崩れた土砂は、斜面の高さの2倍くらいの距離までとどくことがあります。がけ崩れは、地震や、大雨や長雨で地面に水がしみこんで起きますが、地すべりとちがうところは、前ぶれがあまりまく、とつぜん起き、スピードが速いことなどです。

・がけ崩れ等により、危険が差し迫れば避難勧告が発令されます。行政の広報とマスコミの情報に注意してください。

・「傾斜崩壊(がけ崩れ)のまえぶれ」知っておきましょう。を

「水抜き穴から濁り水が出始めている」、「小石がばらばらと落ちる」、「がけに裂け目ができる」、「水がわき出てくる」、「地面にひび割れができる」、「陥没や隆起が生じる」


津波・がけ崩れともに、その場所をすぐに離れ危険を回避することを心がけましょう。まだ大丈夫と思わず、すぐに避難することが大事です。