地震対策サイト 屋外での対策 



屋外での対策

地震が発生すると、かわらや窓ガラスが落下してきたり、ブロック塀が倒れてきたりします。かばんや本等で頭を保護し、丈夫そうなビルや広い公園などが近くにある場合は一時避難して様子をみましょう。

屋外の場合は頭上からの落下が一番の危険です。すぐにカバンなどで頭部を保護し、何かの下に隠れてください。

スポンサードリンク

地震時の屋外での対処方法

1・まずはあわてず、さわがず、状況確認しましょう。

すぐに頭部を守り、安全な場所に身を隠してください。間口の広い木造の建物、ビルの壁際、自動販売機にはできるだけ近づかないようにしましょう。

そしてすぐに周りの状況を確認し、安全な場所に避難して下さい。学校・病院・公園など公共機関・広い場所に避難しましょう。

2・デパートなどにいた場合は係員の指示に従い避難しましょう。

安全な場所に身を伏せて係員の誘導を待ちましょう。頭部を保護すると同時に火災などに備えていざというときはハンカチや布などで口を押さえましょう。

3・駅のホームにいた場合は、頭を保護して柱や壁に身を寄せる 。

頭部を保護しましょう。ホームに落ちないよう気をつけましょう。ホームから落ちた場合は、助けを求めて引き上げてもらうか、揺れがおさまるまで線路とホームの間にうつぶせになり様子をみましょう。

4・地下街の場合でも落ち着いて行動しましょう。

地下街では60m間隔以内で出口が設置されており、停電になっても誘導灯がつくので、落ち着いて係員の指示に従いましょう。

5・無理な帰宅・連絡はしばらく控えましょう。

地震時はパニック状態になっていることが考えられます。連絡手段・移動手段も混雑、混乱してストップしている場合が多いです。まずは冷静になり、しばらく安全な場所で情報を仕入れながらじっくり待ちましょう。連絡ができそうなら家族との安否連絡をしてください。


屋外の場合は頭上に注意、パニックに注意です。また人の流れに巻き込まれないように冷静に落ち着いて行動しましょう。危険が続くようであれば、安全な避難場所で一時待機しておきましょう。

我先にと行動する人は被害に遭遇しやすいとも言われています。慌てず、騒がず、困っている人がいたら助けてあげましょう。