地震対策サイト 避難時の心構え 



避難時の心構え

地震が起こったら、まず身を守り、出火防止と初期消火に努めます。その後、ラジオの情報などを確認して避難するか判断しましょう。

避難の際はいつもと違い、パニックにりがちです。とりあえず落ち着くことを自分に言い聞かせましょう。冷静に判断することが安全に乗り切る一番の対策なのです。

スポンサードリンク

避難する際の心構えと準備

1・揺れが大きい間は机やテーブルの下に避難してください。

とにかく身体を安全に守れる場所に避難してください。

2・火を使っていたらすぐに消しましょう。

火元を確認して、いつでも避難できるように身の回りを整えます。ラジオなどの情報を仕入れて、落ち着いて行動しましょう。

3・すぐに避難せず情報を仕入れましょう。

建物の倒壊・火事などの危険が高くない場合は急いで避難する必要はありません。

4・ラジオや自治体の避難勧告に従いましょう。

消防署・警察・自治体などからの避難勧告、避難指示には速やかに従いましょう。

5・避難の際は必ず徒歩で避難する。

頭部を守るヘルメット・頭巾・帽子、シューズ、長袖のジャンバーなどを着用し、携帯品は最小限にして背負って避難しましょう。お子様が小さい場合はお子様用の避難グッズを常に準備しておきましょう。

6・避難するときは、みんなと一緒に行動しましょう。

地震や災害時は必死になり、我先に!となりがちですが、焦って行動することが一番の危険であり、時に他の人に迷惑をかけます。ゆっくりみんなと同じペースで冷静に行動しましょう。お年寄りや子供を優先し、落ち着いて行動しましょう。

7・避難移動中は、狭い路地や塀ぎわ、川べりには近づかない。

海や堤防、山の近く、がけの近くから離れて早めに避難しましょう。津波、山崩れ、がけ崩れ、河川の氾濫などの自然の2次災害に気をつけてください。

8・持ち出す荷物はなるべく少なく

日ごろから避難の場合を想定して、必要最低限のものを準備しておきましょう。身軽に動けることを優先してください。

避難の際は落ち着いて冷静に

避難す際に一番基本的で大事なことは「あわてず・落ち着いて・身体を守る」ことです。そして揺れが激しい間は安全なところに隠れていることです。

揺れが落ち着いて、正しい情報を仕入れ、必要に応じて近くの避難所へ避難をすることが安全です。

自分勝手な判断、自己優先的な行動は控えて冷静な行動をしましょう!