地震対策サイト 家具や棚を固定する 



家具や棚を固定する

地震の際、屋内で一番怖いのは地震の揺れによる「棚・家具・家電機器の落下・倒れ」です。

家庭や職場では、なるべく重い物は低いところへ倒れにくくする工夫をしておきましょう。重いもの、倒れる危険性のあるものはなるべく重心を下げること。低い位置におくようにしましょう。

それが難しい場合は、粘着性の落下・滑り防止グッズ、ゴムのシートを下にを敷くなどの工夫をしてください。

また、倒れる危険のあるタンスや家具、家電機器はトメ金などで固定しておきましょう。 賃貸の場合でも、これらの対策によるものは敷金礼金の対象にはならないはずです。(家主に確認してください。)

スポンサードリンク

家具を固定し、建物をチェックしよう

安全なはずの自宅です。危険な箇所を再度チェックして、地震の際の揺れに耐えることができるかを確認してしっかり対応してください。

こういった避難グッズが一まとめに販売していますので、ご家庭に必要な分を用意しておくことを強くお奨めします。

建物そのものの耐震・免震構造もきちんと施されているか、塀などがある場合はしっかりと鉄筋をいれて地震対策ができているかも確かめましょう。

塀のコンクリートなどが崩れて下敷きなったり、緊急時の道路をふさいでしまって2次被害を及ぼすなどことなどもあります。

ちょっとした対策が大事な生命や財産を守ることを忘れないで下さい。