地震対策サイト 地震・災害時の保険適用 



地震・災害時の保険適用

「泥棒を見て縄をなう」という言葉があります。ついてないことが起こってから対応しても遅いという意味ですね。

一緒に避難できない場合でも、決まった避難場所を決めておき、待ち合わせ場所も決めておけばはぐれたりしても安心です。

地震・災害での損害もそうです。大きい地震は一瞬で人命や財産を奪っていく恐ろしい災害です。また、身体は無事であっても大切な心のよりどころである家や財産などを破壊してしまう可能性もあります。

大切な財産を保護・維持するためにも地震保険・火災保険への加入をお奨めします。

スポンサードリンク

地震保険・火災保険への加入

火災保険のみでは、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼・ 拡大した損害は補償されません。 

基本的な地震保険は以下の条件です。

地震保険は、国と民間が協力して設定しているものであり、保障内容は一律です。いわば国の制度のひとつといったところですので、基本となる地震保険は、保険会社が異なっても内容は同じである一律の制度と考えてよいでしょう。

地震保険に加入するためには火災保険に入る必要があります。地震保険は火災保険に付帯する方式のため、地震保険のみの保険というのは原則としてありません。

地震保険については、ご契約している生命保険会社・火災保険会社に相談してみてください。

基本的な保険料は他社画一のようです。となれば信頼安心のおける会社との契約がよいようです。