地震対策サイト 基本的な防災知識 



基本的な防災知識

こちらでは基本的な地震時の対策を紹介します。過去に学校や職場などでも地震・火事の際の防災活動・非難活動に参加したかたは多いと思います。

まず慌てずに落ち着いて身の安全を確保するこれが一番大事です。驚くなということが無理だと思いますが、まずは自分やお子様の身の安全を確保しましょう。

スポンサードリンク

地震が来た!と感じたら次のことを思い出しましょう!!

1・机やテーブルの下に隠れましょう。

できればざぶとん・まくら・タオルなどで頭部を保護しましょう。

2・火を使っていたらすぐに消しましょう。

ガス・たばこ・ストーブなどは、すばやく火を消しましょう。(必ず、石油ストーブは「対震自動消火装置」のものを使用しましょう。)

3・すぐに外に飛び出してはいけません。

地震の大きい揺れは1分程度でおさまることがおおいのです。周囲の状況や地震の規模などをよく確かめ、あわてて外へ飛び出すことなく落ち着いて行動しましょう。

4・非常脱出口の把握と確保しましょう。

揺れがある程度おさまったら避難口・階段で避難しましょう。靴はスポーツシューズの底が厚いものがよいです。日頃から常に意識して避難口を確認しておきましょう。

5・避難はあわてず歩いて確実に。

頭部を守るヘルメット・頭巾・帽子、シューズ、長袖のジャンバーなどを着用し、携帯品は最小限にして背負って避難しましょう。お子様が小さい場合はお子様用に避難グッズを常に準備しておきましょう。

6・自然の2次被害に要注意しましょう。

地震を感じたら、海や堤防、山の近く、がけの近くから離れて早めに避難しましょう。 津波、山崩れ、がけ崩れ、河川の氾濫などの自然の2次災害に気をつけてください。

7・困った人がいたらなるべく助け合いましょう。

出来る範囲でいいので、困った人がいたら助けてあげましょう。いつかあなたも助けてもらう立場になるかもしれません。